税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







相澤 英之新井 大慶飯田 敏久伊藤 将英尾崎 鉄朗小田切 隆明金田 好正
國田 哲郎佐藤 忠輝千葉 雅司野口 由雅野曽木 尊之萩原 有香橋本 崇浩
古川 美陽光堀切 牧子三橋 美香山本 英司

「中内功のかばん持ち」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
飯田 敏久
 

 中内功氏のイメ−ジは、「カリスマ経営者」というものでした。そのイメ−ジは間違いなかったような気がします。この本の中に、秘書としての立場から見た中内さんの経営者像が書かれていました。参考にしたい点がいくつかありましたので挙げてみたいと思います。

 @中内さんは、物事に真正面から向かって行って、懸命な努力を払ったにもかかわらず失敗することには寛容であり、努力を怠って逃げの一手で問題を回避し、最終的にお客様の生活を豊かにする点で貢献せず、同時に競合他社に後れを取ることを嫌いました。このため、ダイエ−には物事に積極的に取り組もうというカルチャ−が育っており、働く人は常に前向きに、全力で仕事に対応することが出来る。

 Aダイエ−の人々は、中内さんに翻弄されながら知らず知らずのうちに鍛えられていました。中内さんはカリスマであり、一時代を一気に駆け抜けた人であり、ひらめきや直感でやりたいことに次から次へと取り組んでいった人でした。そしてその都度社員に、無理難題に近い指示を出していたそうです。指示を受けた人はそれを成し遂げようと、昼夜を問わず常に背伸びをして働き、自分の実力以上の結果を出さなければならない状況でした。こういう状況を嫌がらなければ自然と人は育ちます。「逃げたらあかん!」これが中内さんの一流のトレ−ニング法です。この話を聞くと、ダイエ−が「人材輩出会社」であるということが頷けます。

 Bダイエ−が破綻した原因についても興味深いことが書かれておりました。多くの場合「多角化が原因、何でも欲しがる中内さんの貪欲さが、破綻を招いた」と結論付けられていますが、「多角化」の一言では済ますことが出来ないみたいです。ダイエ−の多角化は収支で判断すると成功していました。そんな中で、事業承継がうまくいかなかったことが一因のようです。中内さんほどの人でも、後継者へのバトンタッチをしそうでしなかった。事業承継のタイミングについては迷いが出てしまったみたいです。これはどの会社においても難しいことだとは思いますが、親族といえども主役の座を譲るというのは難しかったみたいです。しかし、「事業承継のタイミングで、早すぎるということはない。迷ったり、遅くなったりすると必ず失敗する。一度決断したら、実行する」側近として経験から感じ取った、この法則は参考にすべきものかもしれません。

 最後に、今の時代、「企業価値の向上」「一株当たりの利益」などと、まわりの視線を気にするあまり、経営のダイナミズムがどんどん失われており、経営者が縮こまっているような気がします。経営者の皆さん、良い意味でのカリスマ性を発揮し、ダイナミックに経営をしましょう。夢は無限に広がっていきます。





Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.