税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







相澤 英之新井 大慶飯田 敏久伊藤 将英尾崎 鉄朗小田切 隆明金田 好正
國田 哲郎佐藤 忠輝千葉 雅司野口 由雅野曽木 尊之萩原 有香橋本 崇浩
古川 美陽光堀切 牧子三橋 美香山本 英司

「中内功のかばん持ち」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
國田 哲郎
 

 今回の書籍は、ダイエーの創業者また流通革命の旗手として活躍した昭和のカリスマ、中内功氏のエピソードや素顔を「かばん持ち」である秘書であった恩地祥光氏が紹介していく書籍です。
 著者の秘書時代やダイエーの経営企画・M&A等の案件に従事した頃の中内氏のエピソードはカリスマ性とスケールの大きさに満ち溢れており、またそこに関西人特有のユーモアも兼ね合わせていると感じられます。
 2001年株主総会で、責任を取りすべての役職を退任するも、その席上、株主から拍手で見送られるほど愛されていた中内社長。『その関心事は、第一にモノが豊富で選択できる本当に豊かで幸福な社会を「流通革命」によって実現すること、(中略)成功とか失敗、名誉とか地位、資産は二の次で、自分の信念を悩みながらも貫いた清々しい人生だったのではないかと拝察する。』と最後に著者は記しております。

 書籍中にある中内社長が残した印象に残る言葉をご紹介します。

○『社長や部長といった『長』と呼ばれる人間になっても、そんなもんはどこにでもおる。石を投げたら大体『長』の名刺を持っとる奴に当たるもんや。むしろ『者』の付く人間にならなあかん。芸者、役者、経営者、学者、みんな誰でもなれるもんやない。芸者でも役者でも、お座敷や舞台にお呼びがかからんようになったら引退や。経営者も一緒やで。体張ってやってるから魅力的なんや』

○ダイエーのスローガンである「よい品をどんどん安く、より豊かな社会を」について
『この“どんどん”というフレーズがミソなんや。“良い品をより安く”は誰でも考えつくけど、“どんどん安く”という表現には意思や継続性やボリューム感が感じられるやろ。これなんや』

○『取締役会全員一致で決定というパターンは、あかん。成功したためしがない。九人反対で自分だけ賛成、これが成功の秘訣や。絶対成功させたるという気持ちが入る。それに引き換え、全員一致というのは安心してしもて、気ィ抜きよるから失敗する』

 著者は様々なエピソードやその舞台裏を通して、中内氏のカリスマ経営の栄光及び失敗の理由を語っています。流通業界だけにとどまらず数多くの優秀な人材を輩出し、日本の流通革命を旗印に走り抜けた昭和のカリスマ、その実像と教訓を学ぶうえで非常に参考になる一書です。





Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.