税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







相澤 英之新井 大慶飯田 敏久伊藤 将英尾崎 鉄朗小田切 隆明金田 好正
國田 哲郎佐藤 忠輝千葉 雅司野口 由雅野曽木 尊之萩原 有香橋本 崇浩
古川 美陽光堀切 牧子三橋 美香山本 英司

「中内功のかばん持ち」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
尾崎 鉄朗
 

 中内功氏は言わずと知れた巨大スーパー「ダイエー」の創業者で、日本の流通業界に革命を起こしたその功績は誰しもが認めるところです。一方でその後の「ダイエー」の経営悪化とともに、中内氏の評価は凋落し、その晩節には厳しい評価がされていることも多く、まさに功罪相半ばといったところでしょう。

 果たして本当の中内氏とはどういう人物であったのでしょうか?

 本書では中内氏の秘書(かばん持ち)として中内氏の一番近くで仕えた著者ならではのリアルなエピソードを切り口として中内氏が語られています。しかし、著者が前書きで『わたしは「中内功とはこんな人」という決めつけはしない』という通り、この本にはどういう人物であったかということについて結論付けてはいないので、読んだままの印象がそのまま読者の中内像になっていくことでしょう。
 私の中内像は「理念・信念の人」です。
 私が子供であった時分、「ダイエー」は最も勢いのあったスーパーで、安さを武器に関西から関東地方を席巻しているという印象でした。そんな「ダイエー」のイメージを投影して、私は中内氏に「貪欲な商売人」という印象を持っていました。
 しかし、本書の「消費者主権」を掲げて徹底して現場主義を貫く姿勢や福岡ドーム事業での地域の発展も見越した経営判断、関経連での戦争反対に関するエピソード等を読んで、「ダイエー」の発展は消費者に寄り添う中内氏の理念と信念の結果であり、成果であると思い直させられました。

 また、本書では著者の恩田氏の「かばん持ち」に対する姿勢と執念に大変感服させられました。
 恩田氏は若干26歳にして、かばん持ちを務めることとなるのですが、前任者はわずか1〜2週間で「君、もうええわ」といって任務を解かれてしまった大変過酷なミッションです。
そこで恩田氏は誰から指示されるわけでもなく、自身の知恵と工夫と努力により、中内氏の信任を得ていくのですが、こうした仕事に対する姿勢、困難に対する姿勢は大いに学ぶべき点で、「入れ歯」エピソードはその最たるものだと感じます。

 今回、細かいエピソードの内容についてはご紹介しておりませんが、読んでいるうちに引き込まれるエピソードが満載です。成功のポイント・失敗のポイント両方有ると思います。
「中内功はこんな人だったんだ」
 ぜひご一読の上、皆さんの中内像を作ってください。





Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.