税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







相澤 英之新井 大慶飯田 敏久伊藤 将英尾崎 鉄朗小田切 隆明金田 好正
國田 哲郎佐藤 忠輝千葉 雅司野口 由雅野曽木 尊之萩原 有香橋本 崇浩
古川 美陽光堀切 牧子三橋 美香山本 英司

「中内功のかばん持ち」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
山本 英司
 

 著者・恩地祥光氏は若くして中内功ダイエー社長の秘書をつとめ、経営企画本部長を最後にダイエーを去った人です。リクルート、アラモアナ・ショッピングセンター、福岡ドームなど有名案件の当事者であり目撃者でもあります。中内さんってどんな人だったのか?華々しい成功と晩年の凋落の原因は何だったのか?中内さんのベンチャー魂・理念優先の考え方・最終的には自分の信念を貫いた生きざまについて、20年あまり傍らで経験した中での興味深いエピソードや著者本人が「初公開」とするような話も飛び出してきます。

 なかでも福岡ドームの開業にまつわるエピソードは、中内氏のオーナーシップを如実に示すものだと感じました。誰もが考えて「そうそう」とうなずく案が必ずしも成功するとは限らない。中内氏曰く「取締役会全員一致で決定というパターンは、あかん。成功したためしがない。九人反対で自分だけ賛成、これが成功の秘訣や。絶対成功させたるという気持ちが入る。それに引き換え、全員一致というのは安心してもうて、気ぃ抜きよるから失敗する」と。私は普段経営者の方と接する機会が多いのですが、特に創業者の方の場合、仕事に傾けるエネルギー、決断の速さは半端じゃありません。そのエネルギー源は何か。創業者としてオーナーシップを持って自らリスクをとっている、そういうところから来ているんではないかと思います。

 あと中内氏は「総入れ歯」だそうです。原因は強烈な戦争体験によります。第二次世界大戦の末期、フィリピン戦線で敵の手榴弾に吹き飛ばされ薄れいく意識のなか、ぐつぐつ煮えるすき焼きの鍋を家族で食べている風景が頭の中に浮かんで、「ああ、もう一度腹いっぱいすきやきを食べたい!」。この思いが中内氏の原点となっているそうです。最終的に栄養失調になってしまい歯が全部抜け落ちたということです。 九死に一生を得た中内氏は、その後「良い品をどんどん安く、より豊かな社会を」をスローガンに掲げて、ダイエーを創業しています。理念は、理想や願望ではなく、実践されなくては意味がありません。人が正しいと信じる気持ち、すなわち信念のないところに理念はなく、中内氏は、自らの信念の実践者であり、伝道者であったからこそ、社員の求心力となれたのかなと思います。

 カリスマ経営者の側近として働く上での苦労は想像を絶するものでしょうが、優秀な人材を育て企業を成長させるにはそれくらい厳しい環境が必要不可欠なのだろうと思います。秘書の仕事は、たしかに”かばん持ち”ですが、その尋常ではない情熱と熱意、ひたすらに前向きな執念には、心の奥底から敬意を表します。全盛期のダイエーの業務のダイナミクス、中内氏の人物像と稀代の才能、秘書として仕えた恩地氏の思い、など引き込まれて一気に読める一冊だったと思います。





Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.