税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







相澤 英之新井 大慶飯田 敏久伊藤 将英稲田 泰行尾崎 鉄朗小田切 隆明
金田 好正國田 哲郎佐藤 忠輝千葉 雅司野口 由雅野曽木 尊之萩原 有香
橋本 崇浩古川 美陽光三橋 美香山本 英司

「人生に打ち勝つ野村のボヤキ」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
國田 哲郎
 

 今回の書籍は、ヤクルト、阪神そして楽天の監督として、野球界をリードしてきた野村克也監督が培ってきた野球観、仕事観、人生観を自己の経験や他のライバル選手、自分が監督をしていたチームの選手などの事を例に様々な視点で書かれております。
 一読すると、野村監督が選手として、監督として素晴らしい成績を残し続けてこられた理由が分かるような気がします。 そこには、単なるID野球と言われる理論だけでなく人間として、社会人としての考え方が確立されていることが良く分かります。

 今回、書籍を読んでみて私が一番心に残ったのが、次の一文です。

『人間の最大の悪はなんであるか。それは鈍感である。失敗したときに、何も感じることがない人間には先がない。』

 ヤクルト時代に選手たちに対し「言い訳は進歩の敵」と徹底して話していたという監督。選手が失敗したことに対して、選手たちが言い訳をしないで、どういう反応をし、その失敗を糧に前進するかを注目していたそうです。           
 一番ダメな反応というのが、失敗したこと自体を割切ってしまい「人間だからミスするよ」とか「俺にしては上出来だね」とか、自分で自分を慰めて終わってしまう選手である、と言われており、『自分自身の失敗に対する鈍感』というものを強く戒めています。
 『感覚とは、「感じて覚える」と書く。悔しさにまみれ、なぜ失敗したのかを考える。そして次に成功するためになすべきことを考える。そうして消化しきってはじめて、感覚、感性は養われる。もっと大事なことは「将来はこうなりたい」と、強い希望や高い夢を持ち続けていることだ。』  
 違う項においても、『失敗と書いて、せいちょう(成長)と読む』というフレーズを好み、失敗を乗り越え成長するためには執念が必要であり、失敗を乗り越える執念なくしては失敗は失敗のまま終わるだけだ、という見解や「物事の本質を見極める感覚」「プロとしての視点を強化することが観察力、洞察力を高めることになる」等、様々な事象に対しての感じ方や視点を重要視しています。

 この鈍感という問題は、個々の人の成長過程で培われてきた能力によって差が出ると思いますが、この感覚を研ぎ澄ませて強化していくことは可能だと思います。そのためには、監督が言うとおり高い理想を持ち続け、そのために現実と向き合い、次はどうしたらよいか、自分は何をすべきか、という自発的感覚と自分の身の回りで起きている外発的な環境や事象に対しての本質を見極めていく日々の訓練が必要ではないかと感じます。





Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.