税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







相澤 英之新井 大慶飯田 敏久伊藤 将英稲田 泰行尾崎 鉄朗小田切 隆明
金田 好正國田 哲郎佐藤 忠輝千葉 雅司野口 由雅野曽木 尊之萩原 有香
橋本 崇浩古川 美陽光三橋 美香山本 英司

「人生に打ち勝つ野村のボヤキ」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
小田切 隆明
 

 今回ご紹介する書籍は、野村克也著『人生に打ち勝つ野村のボヤキ』です。
 著者である野村克也氏は、選手時代は三冠王をはじめ首位打者、本塁打王、打点王など、様々なタイトルを獲得してきた超一流打者であり、また、監督としても「ID野球」というデータを重視した戦略により、リーグ優勝4回、日本一3回という華々しい監督人生を歩んでこられた方でもあります。
 ただし、プロ野球人生が最初から順風満帆であったかというと、実はそうではなく、テスト生として当時の南海に入団し契約金は0円、1年目に戦力外通告を受けるということがあったようで、決してエリート街道を歩んできたわけではありませんでした。
 このように底辺から頂点まで経験した野村克也氏の書籍ですが、その姿勢あるいは心構えというものは、普段の仕事や事業でも非常に通ずる所があると読んでいて感じました。
 その中でも、特に印象に残った部分を幾つかご紹介したいと思います。

・「失敗は、ある一瞬で成長につながる」
 書籍の中で著者は「失敗と書いて、せいちょう(成長)と読む」という表現を使っています。失敗が成長の糧になるというような内容はよく耳にしますが、その失敗に対してどう向き合っていくかが非常に重要であると思います。もちろん、そのまま放置してしまっては何の意味も成さないので、その都度反省をすることは当たり前であり、著者はそこに「執念」を持たなくてはならないと説いています。
 事業や仕事においても、失敗した時にただ反省をして終わるのではなく、何が何でも、という「執念」があってこそ成功の道が開けてゆくのではないかと感じました。

・「努力を『苦労』と思うか、『経験』と思うか」
 アマでの実績を評価されて契約金をたくさんもらって入団した選手に対し、テスト生として入団し試合の出場など全く保証されていない単なる壁(ブルペンキャッチャー)であった著者ですが、「ただ、私にとって、それは『苦労』ではない。単なる『経験』だ。」と書籍の中で述べられています。
 活躍したい、認められたいと思うのならば、黙々と努力し、その中で辛いことや大変なことがあったとしても、それは目標を達成するための「経験」であるという考え方に対し、私自身まだまだ未熟者であると痛感させられました。どのような世界にしろ、結局は他者から評価されなければ当然結果もついてこないので、評価されるよう努力を続け、その努力を「経験」として捉えていくことが非常に大事なのだと感じました。

 この書籍は、野村克也氏の独特な視点から、事業や仕事、人生について一つの参考になると思いますので、ぜひ一読していただければと思います。





Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.