税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







新井 大慶飯田 敏久伊藤 将英稲田 泰行井上 恭輔小川 友妃金田 好正
河内 智哉佐藤 忠輝千葉 雅司野曽木 尊之橋本 崇浩古川 美陽光梁島 涼子
山口 直子山本 英司

「マンガでよくわかる教える技術」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
井上 恭輔
 

 今回は行動科学マネジメント研究所所長の石田淳氏の『行動科学を使ってできる人が育つ!教える技術』という書籍をご紹介いたします。 この書籍は「ナチュレル」というカジュアル衣料品店が舞台となっており、地区最下位だった店舗の店長が、部下や後輩の指導に四苦八苦しながらも「教える技術」を使ってお店の業績を上げていくという内容となっています。

 そもそも「教える」とはどういうことなのでしょうか?
私たちは毎日のように「教える」という言葉を使っていますし、人に何かを教えたり、人から何かを教わったりする機会も頻繁にあります。
しかし、"じゃあ「教える」って何をすること?"とあらためて質問されたら、すぐには答えられない方が多いのではないでしょうか。
 この書籍の中では「教える」とは、相手から"望ましい行動"を引き出す行為であるとあります。
 教えたことがちゃんとできない、仕事の覚えが悪い…。そんなとき、仕事に対する熱意が足りないからだというふうに、原因を部下や後輩の「心」のせいにしてしまう上司が少なくありません。
 しかし、注目すべきなのは「行動」なのです。
 根性や熱意といった、気持ちや心にばかりこだわっていては、いつまでたっても問題は解決しません。
 部下から望ましい行動を引き出すことこそが、上司がすべき教育・育成・指導なのです。

 特に最近ではゆとり世代といわれる人たちがすぐに会社を辞めてしまったり、使えない、仕事ができないなどと言われていますが、原因は「教える技術」がない上司にもあるのかもしれません。
 そのゆとり世代の人に関わらず部下に仕事を教えることについて悩んでらっしゃる方には「教える」とは何なのかとても役に立つ一冊になっていると思います。





Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.