税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて




 

第40回研修会
第1部
【21年度税制改正:事業承継税制 】
  当事務所所員 千葉 雅司
 

 平成21年度税制改正の中でも、事業承継
税制に焦点をあてて、図解を参照しながら説明
していきました。

(1)事業承継税制の全体像
(2)相続税の納税猶予制度の概要
(3)後継者の死亡以外の場合で、猶予された相続税額が免除される場合
(4)贈与税の納税猶予制度の概要
(5)小規模宅地特例との併用
(6)納税猶予の流れ

 聞き慣れない単語についての説明を加えるなどして、制度の内容をわかりやすく話していきました。

 具体的には、平成21年度税制改正において「猶予税額が免除される一定の場合の具体化」や親族に対する贈与税の納税猶予制度(平成21年4月1日以後の贈与から適用)の創設などが発表されました。

「一定の場合」が具体化されたため、制度の適用がよりわかりやすくなりました。

伊藤 将英
当事務所所員
千葉 雅司

第2部
【平成21年度の税制改正】
  税理士 轟 勝之
 

 平成21年度の税制改正での改正点は多数ありますが、税制改正の資料の中からポイントを絞って説明していきました。

・欠損金の繰戻し還付の復活により、中小法人等の平成21年2月1日以降に終了する各事業年度に生じた欠損金額については、欠損金の繰戻し還付制度の適用を受けることができるようになりました。
・上場株式等の譲渡益及び配当の課税は、平成21年以降20%と予定されていたものを、平成21年以降現行と同じ10%に継続適用することに改正
・平成24年分以降、一般生命保険料控除及び個人年金保険料控除の適用限度額を現行の5万円からそれぞれ4万円とし、新たに4万円の介護医療保険料控除を創設する。
・電子申告に係る所得税額の特別控除制度の延長→時代は、電子申告に傾いているようです。

 このような点などのように、平成21年度の改正の中で特に留意すべき改正点について説明いたしました。

千葉 雅司
税理士 轟 勝之
前のページに戻る



Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.